鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科 形態科学(旧 神経解剖学) 口岩 聡

トップページへ戻る
Return to Home

共同研究

口岩俊子博士

口岩俊子

プロフィール

口岩 俊子 博士 Dr. Toshiko KUCHIIWA Ph.D.
鹿児島純心女子大学 大学院人間科学研究科 心理臨床学 教授
鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科 形態科学 客員研究員

最終学歴国立弘前大学 大学院医学研究科 博士課程 解剖学専攻 1986年3月修了
学位医学博士・弘前大学・1986年3月
所属学会日本解剖学会、日本神経科学学会、日本薬理学会
専門分野脳科学、神経生物学、神経解剖学、細胞組織学、神経毒性学、行動薬理学、精神薬理学
研究キーワード脳科学、神経解剖学、組織化学、神経精神医学、行動薬理学、自律神経学、鬱病、ダイオキシン脳症、瞳孔運動、光くしゃみ反射、血管運動調節(局所血流調節)、血流神経支配、環境ホルモン、近見瞳孔反射(輻輳反射)、発達障害、対物攻撃行動、攻撃行動計測システム(Aggression Response Meter: ARM)、脳の標的化剤、副毛様体神経節、翼口蓋神経節、超微細解剖、WAChE自律神経解剖、顕微解剖技術

研究シーズ

  • 刺激応答計測システム及び刺激応答計測方法(特許第4858996号)
    口岩 聡、口岩俊子、村上 理 研究シーズ1
  • 脳神経細胞への薬物の標的化剤(特許査定2012年2月17日)
    口岩 聡、口岩俊子 研究シーズ2

特許

特許第4858996号

発明の名称 刺激応答計測装置および刺激応答計測方法
特許権者 国立大学法人 鹿児島大学
発明者 口岩 聡、口岩 俊子、村上 理
特許査定日 平成23年11月11日

こちらをご覧ください。

特許第4858996号

発明の名称 脳神経細胞への薬物の標的化剤
特許権者 国立大学法人 鹿児島大学
発明者 口岩 聡、口岩 俊子
特許査定日 平成24年2月17日

こちらをご覧ください。

特開2008-25975

発明の名称 刺激応答計測装置及び刺激応答計測方法
特許権者 国立大学法人 鹿児島大学
発明者 口岩 聡、口岩 俊子
公開番号 特開2008-259758
公開日 平成20年10月30日

こちらをご覧ください。

研究論文・執筆

  • くしゃみの神経解剖学的メカニズム. 口岩 聡、口岩俊子. JOHNS (Journal of Otolaryngology, Head and Neck Surgery) Vol.32,巻 No. 8、p.977-980、2016.(東京医学社)
  • Evaluation of aggressiveness of female mice using a semi-automated apparatus for measurement of aggressive biting behavior toward an inanimate object.
    Kuchiiwa, T. and Kuchiiwa, S.
    Journal of Neuroscience Methods, 257, 179-184, 2016.
  • 光をみるとくしゃみが出るのはなぜですか
    口岩 聡、口岩俊子
    Clinical Neuroscience Vol. 33 No.4: 2015年3月27日(中外医学社)
  • A novel semi-automated apparatus for measurement of aggressive biting behavior in mice. Kuchiiwa, S. Kuchiiwa. T.
    Journal of Neuroscience Methods, 228 (2014) 27-34.
  • 頭頸部の自律神経(特集 神経をどう扱うか)
    口岩 聡、口岩俊子
    JOHNS 第30巻、2014年.(東京医学社)
  • 今も続く鹿児島県のダイオキシン汚染
    口岩 聡、口岩俊子
    鹿児島市医報 第52巻 第8号(通算618号)2013.
  • ダイオキシン胎盤・母乳経由暴露に起因する接触逃避行動および対物攻撃行動の思春期発現時期と雌雄差
    口岩俊子、森司朗、口岩 聡
    鹿児島純心女子大学大学院人間科学研究科紀要、第7号、p. 3-10、2013年
  • 蹴り払い応答と噛みつき応答を指標とする易刺激性の行動学的評価
    − 慢性緩和ストレスマウスを用いた行動学的・行動薬理学的研究 −
    口岩俊子、若本純子、村上理、口岩 聡
    鹿児島純心女子大学大学院人間科学研究科紀要、第7号、p. 15-27、2012年
  • 蹴り払い応答と噛みつき応答を指標とする易刺激性の行動学的評価
    − 慢性緩和ストレスマウスを用いた行動学的・行動薬理学的研究 −
    口岩俊子、若本純子、村上理、口岩 聡
    鹿児島純心女子大学大学院人間科学研究科紀要、第7号、p. 15-27、2012年
  • 実験動物における機械的接触刺激に対する応答行動の定量的計測
    − うつ動物の検出とうつ症状の定量の試み −
    口岩俊子、口岩琢哉、森 司朗、口岩 聡
    鹿児島純心女子大学大学院人間科学研究科紀要、第3号、P3-17、2008年
  • Fasting-induced reduction in locomotor activity and reduced response of orexin neurons in carnitine-deficient mice.
    Goichiro Yoshida, Meng Xian Li, Masahisa Horiuchi, Shiro Nakagawa, Mie Sakata, Satoshi Kuchiiwa, Toshiko Kuchiiwa, Md. Abdul Jalil, Laila Begum, Yao Bang Lu, Mikiko Iijima, Takeshi Hanada, Masamitsu Nakazato, Zhi-Lu Huang, Naomi Eguchi, Keiko Kobayashi, Takeyori Saheki.
    Neurosci Res. 55(1):78-86、2006.
  • こども学フィールドワークVにおける「こども観」の育成
    口岩俊子
    こども学研究 こども発達臨床センター紀要 2号、42-59頁、2004年.
  • Dioxin exposure down-regulates nitric oxide synthase and NADPH-d activities in the hypothalamus.
    Shi-Bin Cheng, Satoshi Kuchiiwa, Xiao-Quin Ren, Hong-Zhi Gao, Toshiko Kuchiiwa, Shiro Nakagawa.
    Neuroscience Letters, 345: 5-8, 2003.
  • Morphological study of orexin-A neurons in the hypothalamus of the Long-Evans rat, with special reference to co-expression of orexin-A and NADPH-diaphorase or nitric oxide synthase activities.
    Shi-Bin Cheng, Satoshi Kuchiiwa, Hong-Zhi Gao, Toshiko Kuchiiwa, Shiro Nakagawa.
    Neuroscience Research, 46: 53-62, 2003.
  • Up-regulation of methionine-enkephalin-like immunoreactivity by 2,3,7,8- tetrachlorodibenzo-p-dioxin treatment in the forebrain of the Long-Evans rat,
    Shi-Bin Cheng, Satoshi Kuchiiwa, Akio Kawachi, Hong-Zhi Gao, Atsushi Gohshi, Tomohiro Kozako, Toshiko Kuchiiwa and Shiro Nakagawa.
    Journal of Chemical Neuroanatomy, 25: 73-82, 2003.
  • こども学フィールドワークVによる「こども観」の育成
    口岩俊子
    こども学研究 こども発達臨床センター紀要 第1号、37-51頁、2003年.
  • 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin treatment induces c-Fos expression in the forebrain of Long-Evans rat.
    Shi-Bing Cheng, Satoshi Kuchiiwa, Itsugi Nagatomo, Yasuaki Akasaki, Masahiro Uchida, Masataka Tominaga, Wataru Hashiguchi, Toshiko Kuchiiwa and Shiro Nakagawa.
    Brain Research, 931, 176-180, 2002.
  • In utero and lactational exposure to 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin decreases serotonin immunoreactive neurons in raphe nuclei of male mouse offspring.
    Satoshi Kuchiiwa, Shi-Bin Cheng, Itsugi Nagatomo, Yasuaki Akasaki, Masahiro Uchida, Masataka Tominaga, Wataru Hashiguchi and Toshiko Kuchiiwa.
    Neuroscience Letters, 317, 73-76, 2002.
  • Effects of 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin treatment on methionie- enkephalin immunoreactivity in the brain of the Long-Evans rat.
    Shi-Bin Cheng, Satoshi Kuchiiwa, Toshiko Kuchiiwa, Shiro Nakagawa
    Organohalogen Compounds, Vol. 57, 407-409, 2002.
  • Presence of neuronal nitric oxide synthase in autonomic and sensory ganglion neurons innervating the lacrimal glands of the cat: an immunofluorescent and retrograde tracer double-labeling study.
    Shi-Bin Cheng, Satoshi Kuchiiwa, Toshiko Kuchiiwa, Satoru Nonaka and Shiro Nakagawa.
    Journal of Chemical Neuroanatomy, 22, 147-155, 2001.
  • Morphological distinction between vasodilator and secretomotor neurons in the pterygopalatine ganglion of the cat.
    Satoshi Kuchiiwa, Shi-Bin Cheng and Toshiko Kuchiiwa.
    Neuroscience Letters, 288: 219-222, 2000.
  • Three novel neural pathways to the lacrimal glands of the cat: an investigation with cholera toxin B subunit as a retrograde tracer.
    Shi-Bin Cheng, Satoshi Kuchiiwa, Toshiko Kuchiiwa and Shiro Nakagawa.
    Brain Research, 873: 160-164, 2000.
  • ダイオキシン汚染の現状
    口岩俊子
    想林(創刊号)36-38頁、2000年.
  • ネコの鼓索神経または舌神経に関係する顔面神経性小神経節の分布ならびにその構成細胞に関する形態学的・組織化学的研究
    口岩俊子
    鹿児島純心女子短期大学研究紀要、第29巻、97-118頁、1999年
  • 上唾液核を起始する一酸化窒素産生副交感性節前線維の大錐体神経内投射:脳血流調節反射路の可能性について
    口岩俊子、口岩 聡
    鹿児島純心女子短期大学研究紀要、第29巻、87-96頁、1999年.
  • Facial nerve parasympathetic preganglionic afferents to the accessory otic ganglia by way of the chorda tympani nerve in the cat.
    Satoshi Kuchiiwa, Toshiko Kuchiiwa, Satoru Nonaka and Shiro Nakagawa.
    Anatomy and  Embryology, 197: 377-382, 1998.
  • 一酸化窒素ニューロンによる頭部血管支配
    口岩 聡、口岩俊子、中河志朗
    ブレインサイエンス、第8巻、2号、151-159頁、1997.
  • ネコ耳神経節の顔面神経性入力
    口岩俊子、口岩 聡、野中悟
    鹿児島純心女子短期大学研究紀要、第27巻、177-187頁、1997.
  • Autonomic and sensory innervation of cat molar gland and blood vessels in the lower lip, gingiva and cheek.
    Satoshi Kuchiiwa and Toshiko Kuchiiwa.
    Journal of Autonomic Nervous System, 6: 227-234,1996.
  • ネコの下顎領域血管の神経支配様式
    口岩俊子、口岩 聡
    鹿児島純心女子短期大学研究紀要、第26巻、177-185頁、1996.
  • ネコの臼歯腺の神経支配:微細解剖法と軸索内輸送法による解析
    口岩俊子、口岩 聡
    鹿児島純心女子短期大学研究紀要、第26巻、187-197頁、1996.
  • 大脳新皮質の局所的血流調節に関与する神経細胞:組織化学的および比較解剖学的研究
    口岩俊子、口岩 聡
    鹿児島純心女子短期大学研究紀要、第25巻、99-112頁、1995.
  • 副交感性眼球内血管運動調節に関係する神経節細胞の局在:解剖学的および組織化学的研究
    鹿児島純心女子短期大学研究紀要、第25巻、87-97頁、1995.
  • NADPH diaphorase neurons are evenly distributed throughout cat neocortex irrespective of functional specialization of each region.
    Satoshi Kuchiiwa, Toshiko Kuchiiwa, Shiro Mori and Shiro Nakagawa. 
    Neuroreport, 5: 1662-1664, 1994.
  • Localization of preganglionic neurons of the accessory ciliary ganglion in the midbrain: HRP and WGA-HRP studies in the cat.
    Satoshi Kuchiiwa, Toshiko Kuchiiwa and Shiro Nakagawa.
    The Journal of Comparative Neurology, 340: 577-591, 1994.
  • Oculomotor parasympathetic pathway to the accessory ciliary ganglion bypassing the main ciliary ganglion by way of the trigeminal nerve.
    Satoshi Kuchiiwa, Toshiko Kuchiiwa, Shiro Nakagawa and Miharu Ushikai.
    Neuroscience Research, 18: 79-82, 1993.
  • Comparative morphological studies on the visual systems in a binocular and a multi-ocular species of freshwater planarians.
    T. Kuchiiwa, S. Kuchiiwa and W. Teshirogi
    S. Tyler(Ed.) Turbellarian Biology, (Hydrobiologia)Kluwer Academic Publishers. 1991: 241-249,1991.
  • Comparative anatomy of the accessory ciliary ganglion in mammals
    Satoshi Kuchiiwa, Toshiko Kuchiiwa and Takao Suzuki.
    Anatomy and Embryology, 180: 199-205, 1989.
  • Comparative anatomy of the accessory ciliary ganglion in mammals
    Satoshi Kuchiiwa, Toshiko Kuchiiwa and Takao Suzuki.
    Anatomy and Embryology, 180: 199-205, 1989.
  • ネコの毛様体神経節を通過または迂回する副交感神経節前線維の起始.
    Localization of neurons giving rise to the preganglionic parasympathetic fibers passing through or bypassing the ciliary ganglion in the cat.
    口岩 聡、口岩俊子、鈴木孝夫.
    日本眼科学会雑誌、第92巻、6号、946-951頁、1988年.
  • HRP-WGAの損傷軸索断端からの取り込みによる逆行性および順行性標識について.
    口岩 聡、口岩俊子、松江一.
    弘前医学、第40巻、1号、70-82頁、1988.
  • ネコの副毛様体神経節および短毛様体神経中の散在性神経節細胞.
    The accessory ciliary ganglion and the scattered ganglion cells in the short ciliary nerve in the cat.
    口岩 聡、鈴木孝夫、口岩俊子.
    日本眼科学会雑誌、第92巻、1号、103-111頁、1988.
  • ネコの大脳皮質分野20の神経線維連絡:軸索内輸送法による解剖学的研究
    口岩俊子
    弘前医学、第38巻、760-778頁、1985(学位論文).
  • Efferent connections of area 20 in the cat: HRP-WGA and autoradiographic studies.
    Satosh Kuchiiwa, Toshiko Kuchiiwa, Hajime Matsue and Koichi Sukekawa.
    Experimental Brain Research, 60: 179-183, 1985.
  • Afferents to the cortical pupillo-constrictor areas in the cat, traced with HRP.
    Satosh Kuchiiwa, Kazuhiko Shoumura, Toshiko Kuchiiwa and Hirosato Imai.
    Experimental Brain Research, 54: 377-381, 1984.
  • Pupillo-motor areas in the rabbit visual cortex.
    Hirosato Imai, Kazuhiko Shoumura, Toshiko Kuchiiwa and Satoshi Kuchiiwa.
    Neuroscience Letters, 48: 13-17, 1984.
  • Cerebral cortical control of pupillary movements: anatomical and physiological studies in the cat.
    Kazuhiko Shoumura, Satoshi Kuchiiwa, Hirosato Imai, Toshiko Kuchiiwa Taiko Kumakura.
    Asian Medical Journal, 27: 16-33, 1984.
  • 大脳皮質による瞳孔運動制御の生理学的・解剖学的研究.
    Cerebral cortical control of pupillary movements: anatomical and physiological studies in the cat.
    正村和彦、口岩 聡、今井浩達、口岩俊子.
    日本医師会雑誌、第90巻、2号、213-222頁、1983.
  • 嗅球・嗅索欠如の一例
    Absence of olfactory bulbs and tracts: a case report.
    正村和彦、口岩 聡、口岩俊子、今井浩達、出浦滋行、藤田雅文、長崎幸夫
    解剖学雑誌、第57巻、6号、417-428頁、1982.

室町機械株式会社

私たちの特許「刺激応答計測装置および刺激応答計測方法」は室町機械株式会社に技術移転され、攻撃行動計測システムAggression Response Meter, ARMが製品化されました。本装置は、実験動物の対物攻撃行動を定量的に計測する研究装置です(こちらをご覧ください)。

サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社

私たち研究グループはサントリーグローバルイノベーションセンター株式会社の委託研究に取り組んでいます。



Pagetop